DeLTA-Kit ユーザー利用規約

制定

この利用規約( 以下、「本規約」といいます。)は、LeapMind 株式会社( 以下、「当社」といいます。)が提供する「DeLTA-Kit」( 以下、「本製品」といいます。)のご利用に関する条件を定めたもので、すべての購入者( 以下、「ユーザー」といいます。)に同意していただく必要のある事柄を記載しています。ユーザーは、本規約に同意いただけない場合、本製品を利用することはできず、本製品を利用することにより、ユーザーは本規約に同意したものとみなされます。

【製品動作に関して】

  1. 初期動作不良( 当社から本製品が引き渡された日から10日以内に発生した動作不良をいいます。)以外は保証対象外とし、当社は責任を負いません。
  2. 初期動作不良を起こした場合には、deltakit_support@leapmind.io より、技術的な問題についての問い合わせを行うことができます。
  3. 初期動作不良を起こした場合を除き、当社は、本製品につき一切の返品を受け付けません。

【周辺プログラムの著作権】

  1. DeLTA-Kit に同梱するSDカードには、当社が開発し、著作権を有するプログラム・ソースコード(以下「プログラム・ソースコード」といいます。)を含みます。
  2. ユーザーは、本製品の利用に当たり、プログラム・ソースコードを改変することが可能ですが、それを商用目的に利用することは許可されず、当社の書面による許諾なく、本製品を第三者に利用させることはできません。

【権利の帰属及び許諾】

  1. 本製品の利用において生じる知的財産権( それらの権利を取得し、又はそれらの権利につき登録等を出願する権利を含みます。)、アイデア、ノウハウ等に係る権利及び利用権限(以下「本知的財産権等」といいます。)は、すべて当社に帰属するものとします。
  2. 当社は、本知的財産権等について、ユーザーに対して、ユーザー自身が本製品を利用するために必要な限度において自由に利用することを許諾します。
  3. ユーザーは、ユーザーが提供する学習用データセットの利用に付随して発生する知的財産権等について、本製品を含む当社の製品及び提供サービスの開発・運営・向上・改善のために無制限かつ無期限で自由に利用することを、当社又は当社より正当に権利を承継取得した第三者に対し許諾するものとします。なお、ユーザーは、当社又は当社より正当に権利を承継取得した第三者に対し、著作者人格権その他の権利を行使しないものとします。

【禁止行為】

ユーザーは、本製品の利用において、以下の事項を行ってはならないものとします。当社は、以下の各行為を行ったユーザーに対して、本製品の利用の中止を求めることができます。

  1. 法令、裁判所の判決、決定若しくは命令、又は法令上拘束力のある行政措置に違反する行為及びこれらを助長する行為又はそのおそれのある行為
  2. 公序良俗に反し又は善良な風俗を害するおそれのある行為
  3. 当社又は他のユーザーその他の第三者の知的財産権又はプライバシーその他の権利若しくは利益を侵害する行為又はそのおそれのある行為
  4. 当社が本規約により許諾した範囲外にて、本製品(本製品に記録されているソースコード・プログラムを含みます。以下、本項において同じ。)を利用し又は利用させる行為
  5. 本製品を、本規約で許諾する範囲を超えて改変又は改造する行為
  6. 本製品のリバースエンジニアリング、逆コンパイル、又は逆アセンブル、改造、分解又は変換その他ソースコードの解読の試みその他の解析行為
  7. 有償・無償を問わず、本製品を譲渡又は貸与する行為
  8. 反社会的勢力等への利益供与行為
  9. 本規約の趣旨・目的に反する行為
  10. 当社と提携する関連サービスの規約等に違反する行為
  11. 前各号の行為を直接又は間接に惹起し、又は容易にする行為
  12. その他、当社が不適切と判断する行為

【注意事項】

  1. 本製品をご利用するに当たっては、本サイトで示される指示に従ってください。
  2. 本製品の使用方法については、「使用上の注意点」を遵守してください。

【免責】

  1. 本製品は、ユーザーの特定の目的に適合すること、期待する機能・商品的価値・正確性・有用性・完全性を有すること、ユーザーが本製品を利用して開発又は実施する製品サービスが有効性、安全性その他の性能を有すること、本製品の利用がユーザーに適用のある法令又は業界団体の内部規則等に適合すること、並びに本製品の利用にあたって、ユーザーのパソコン等の機器に不具合が生じないことについて、何ら保証するものではありません。
  2. 当社は、本製品の利用を通じてユーザーが取得した情報や本製品の利用履歴等について、バックアップ及び保管を行う義務を負わず、ユーザーが自らの責任においてこれらの喪失、変更及び破損等を防止する措置を講ずるものとします。
  3. ユーザーは、本製品の利用に関して第三者との間で紛争を生じた場合、もしくは、ユーザーによる本製品の利用により、当社が第三者からのクレーム対応、又は損害賠償等の支払いを求められた場合は、すべて自らの責任と負担において解決するものとします。

【損害賠償】

  1. ユーザーは、本規約に違反することにより、又は本製品の利用に関連して当社に損害を与えた場合、当社に対しその全ての損害( 弁護士等専門家費用及び当社人件費相当額を含みます。)を賠償しなければなりません。
  2. 当社は、本製品の利用及び本製品を利用してユーザーが開発又は実施した製品又はサービスにより、ユーザー及び第三者の財産、生命、身体その他に対して生じたいかなる損害又は損失についても、一切賠償の責任を負いません。ただし、当該損害が当社の故意又は重過失が認められることについて、ユーザーが証明をしたときはこの限りでなく、そのときであっても、当社はユーザーに直接かつ現実に生じた通常の損害( 特別利益、逸失利益、弁護士費用その他専門家費用及び人件費相当額を含みません。)に限り、ユーザーが当社より本製品の引き渡しを受けた時点において、当社が定める本製品の販売価格を上限として賠償するものとします。

【秘密保持】

  1. ユーザーは、本製品に関連して、当社がユーザーに対して秘密に取り扱うことを求めて開示した非公知の情報(以下、「秘密情報」といいます。)は、当社の事前の書面による承諾がある場合を除き、秘密に取り扱うものとします。
  2. ユーザーは、当社から求められた場合はいつでも遅滞なく、当社の指示に従い、秘密情報を記載又は包含した書面その他の記録媒体物並びにその全ての複製物等を返却又は廃棄しなければなりません。

【反社会的勢力の排除】

  1. 当社及びユーザーは、それぞれ相手方に対し、次の各号の事項を確約するものとします。
    1. 自ら及びその役員が、反社会的勢力ではないこと、及び反社会的勢力と社会的に非難されるべき関係を有していないこと
    2. 反社会的勢力に自己の名義を利用させ、本利用契約を締結するものでないこと
    3. 自ら又は第三者を利用して、相手方に対し、脅迫的な言動又は暴力を用いる行為、風説を流布し、偽計又は威力を用いて相手方の業務を妨害し又は信用を毀損する行為、法的な責任を超えた不当な要求行為、その他これらに準ずる行為をしないこと
  2. 当社は、ユーザーが前項の確約に違反した場合、何らの通知又は催告をすることなく、本製品の利用の中止を求めることができるものとします。この場合、当社は、ユーザーに生じた一切の損害を賠償することを要しません。また、ユーザーは、当該違反に起因して、当社に生じた一切の損害を賠償しなければなりません。

【誠実協議義務】

本規約に定めのない事項又は本規約の解釈に疑義を生じた場合は、当社及びユーザーは協議の上、誠意をもってその解決にあたるものとします。

【準拠法及び合意管轄】

本規約は日本法に準拠するものとし、本規約に関する訴訟等の法的手続については、東京簡易裁判所又は東京地方裁判所を専属的合意管轄裁判所とします。

以上